りうりうさん日乗

ほとんどフマジメときどきマジメ。 漫画やら映画やらスポーツやらをつらつらと。

カテゴリ:スポーツ > サッカー

だいたいいつも思うのだが、サッカー専門誌とか評論家って
J2をどれだけみてるだろうか。
順位予想もメンバーだけ見て適当につけてるんじゃないかと
思うこともしばしば。
まあJ2サポのバイアスもあるんでしょうけど。

で、今回の補強診断。徳島のサポ的にはまずまずの結果。
そんなに非難する声は聴かず、むしろ期待の声が多い。
しかしD診断。これが客観的な声なのか。
うーん。

まあJ1で7得点の高崎が鹿島へ。
無得点も実績十分のアドリアーノも甲府へ移籍。
J2なら高さで圧倒できるドウグラスも広島にレンタル。
加入した佐藤、長谷川は昨年J1で活躍したとまでは言えないので
マイナス査定。これは仕方ないのか。
得点数だけ見ると減るんだし、で一応納得。

けど昇格した年は高崎も十分活躍できなかったんだよね。
だから代わりに佐藤、長谷川来てくれたから
十分と思うサポだったりする。

中盤も試合に出られない選手を入れ替えてるから
そんなに不満もなし。もちろん選手一人一人に思い入れはあるんだけど。
しかしレンタルだったエステバンを残留させたことが最大の成果なんだけど、
ここが触れられていないのはいかがなものか。

確かに補強の目玉、というべき存在がいないので

「スケールの大きさは感じられない」

と言われるのはやむなしだけれど、D診断と言われるとやっぱりがっかり。

でも戦力評価は磐田、札幌と同じ6位タイってことろはほっとしてます。
しかし大分が5位なんですよね。今年大分強いんだろうか。
選手名鑑出たらとりあえず勉強してみよう、J2のこと。
なんか今年は魔境とか言われてるみたいだし、J2。

サッカーダイジェスト 2015年 2/12号 [雑誌]
日本スポーツ企画出版社
2015-01-22





アジアカップ残念でしたね。
詳細な分析はいろんな人が語るだろうからやめておくけど、
サッカーファンはアギーレ容認も、マスコミ的にはアギーレ解任、
て感じなんでしょうか。
TwitterやらWEBで見ただけの感想ですが。

協会はいち早く続投をコメントしたけど、
マスコミが作る流れにどう抗えるのかどうか。
任命責任論やらも出てくるだろうし。
マスコミで報道されるとそれがさも世論のように見えてくるものですが・・・

個人的にはアギーレでいいじゃん派です。
選手交代も当たってるように見えるし。

いやしかし、J2のサポーターとしては

J's GOAL、Jリーグ公式サイトと統合

の方が大きなニュースかなぁ、と。

https://www.jsgoal.jp/official/00184000/00184607.html

すでにどこかのクラブの担当記者さんのツイートでは、
統合後は今までようなかかわり方はない、
ともつぶやかれてるし、取材に基づいたクラブの情報、
なんかは出にくくなりそうな予感。

動画やらデータやらは充実するようなんで、
それはそれでありがたいとは思うのですが、
試合のプレビューなんかはどうなってしまうのか。
すでに地方のライターさんの生活を心配する声も出てるわけですが・・・
あとJ2日記はどうなってしまうのかなぁ。。。

J2白書 2014/2015―永久保存版
J’s GOAL J2ライター班
東邦出版
2015-01

J2白書も最後だったりするんだろうか。ニッチな需要でそこそこ
売れてるようにも聞いたけれど。

コアなサポーターには寂しい感じの改革になりそうで怖い・・
Jリーグのオフィシャルと離れていたからこその自由さみたいなのも
あったと思うんですが。

まあ、どうなることやら。
今のままで公式に動画やデータを豊富にしていただくのが
希望なんですけどね・・・

2015シーズンの日程が発表。
徳島はホームの四国ダービーで始まりアウェイ四国ダービーで終わるという日程。
ダービーは一応客が入るから、開幕だったり最終戦外してもらったほうが
いいと思うんですが、リーグはあえてぶつけてきた模様。
「四国ダービー盛り上がってます」って絵がほしかったんでしょうか。

そして8月15日にホームヴェルディ戦。
かつて水戸だったたかが阿波踊りの時期に徳島で試合をやったとき、
徳島ではホテルがとれず淡路島で泊まったと思います。
そっから徳島に入るにも渋滞があって、当時の監督が
リーグはもっと考えろ、と怒ってましたが、
そいいうのは考慮してないんでしょうかねぇ、Jリーグ。
アウェイのお客さんもホテルとか取りにくいんだけど。
まあ阿波踊りの観光とセットで、と考えると悪くないのかもしれませんが。

もう一度貼っときますが、

DSC_0500

徳島には阿波踊りしかないんですよ、世の中的には、たぶん。
なので、Jリーグの試合は外してもらったほうがいいと思います。
サポーターも、この日ばかりは阿波踊りに行っちゃったりもしてますしね・・・・・

J2に降格した徳島のスローガンは「挑戦」。
J1昇格、定着に向けた1年となる。

で、そのスローガンがこんな感じで、
文字の中にJ1をあしらっているのだが、
このデザインどうなんでしょう。



ヴォルタ君はガンバローなんて書いてるし、
右の部分なんてなんとなく、

鎌と槌 - Wikipedia

こういうのも思い出しちゃったりするのは考えすぎなのか。

で、ユニフォームに関して言えば、遠くから見ると違いがよくわからない・・・
挑戦、のシーズンだけれど、ユニフォームのデザインは冒険せず。
まあ安定のミズノさんともいえるんだけど。
でもこれでレプユニ売れるんだろうか。
値下げした昨年バージョン買おうなんて声もちらほら聞こえてくるのだが。

けど、補強に関しては堅実補強。
昨年の主軸メンバーもほぼ残留。
高崎は鹿島に移籍も小林チルドレンである長谷川 悠
ガンバから復帰の佐藤とFW陣も期待できるし、
昨シーズン途中で加入のエステバンも残った。
(本人がベレスと呼んでくれと言ってるのに登録がエステバンのままなのは
 どうしてだろう)

センターバックにも小林監督と一緒にやることを望んだ石井が山形より加入。
キーパーもスタメンをつかんだ長谷川が残り、経験のある相澤を獲得。
キーパー3人体制は不安が無くもないが、センターラインに経験のある選手を
補強し、堅実な補強をみせた感じ。

サポーターの戦力評なんて相手を見ない麻雀というか、
自分のチームのことしか考えてないものだけれど、
昇格したシーズンに比べても上々の出来、J1だった昨シーズン初めより期待感有。

他チームのことは選手名鑑が出たら考えるとして、
とりあえず今は新チームに期待を寄せつつ応援していくようにしよう、
と思うのだがこの時期仕事が忙しくて練習もなかなか見に行けないんですよね、
キャンプを見に行ったりできるようになるのはいつのことになるのか・・・

徳島ヴォルティス栄光への軌跡 (緊急出版! 徳島県民の歓喜と苦難、25年の記録。)
監修「徳島ヴォルティス栄光への軌跡」出版委員会
ANIVA BOOKS
2014-04-25


とりあえずシーズン始まるまではこれで歴史を振り返っておきます。

「こやのん」でおなじみサンフレッチェ広島の小谷野社長が、
4月12日投票の広島市長選に立候補とのこと。
詳細は下記に詳しいが、地方議員はまだしも首長となると
はじめてのことではないだろうか。

http://hirospo.com/pickup/13151.html

で、この「こやのん」、ただものではない。
ウィキペディアによると、開成から東大、ニューヨーク大、
野村総研から日興ソロモン・スミス・バーニー証券、
クレディスイスという経歴。
いまさらながらすごいビジネスパーソンが広島の社長だったんだな、と感嘆。
(それに比べて徳島は、と言いたいわけではない)

で、現職の松井氏は京大法学部から厚生労働省という、
こちらもエリートではあるが、「サンフレッチェは2位でいい」発言だけでなく、
土砂災害の時の不手際など、失点も目立つだけに選挙の行方が注目される。

選挙ってやっぱり現職が強いと思うんだけど、
土砂災害の記憶も新しいし、地元報道でどういう空気が作られるのかっていうのが
気になるところ。小谷野氏がビジネス畑で民間の感覚が云々、という感じで
サッカーに興味が無い人にも受け入れられる空気を作っていって欲しいのだが。

で、サポーターが選挙に絡んで動いていくとしたら、
とりあえず公職選挙法のレクチャーを誰かがやったほうがいいかなぁ。
いつまではこういうことができて、以降はダメ、だとか。
住民票を広島に置いて外にいる人に不在者投票のやり方を周知するとかできそうだけど、
それって公選法というより住民基本台帳法に引っかかったりするんだろうか。
選挙って結構シビアだから、そのあたりはしっかり注意して欲しい。

まあ小谷野氏の立候補でスタジアムをどこに建てるのか、が争点になるし
相手も立場を明確にする必要があるから、それだけでサンフレッチェにとっては
意味があることなのかも。

とりあえず一サッカーファンとして注目していきたい案件。

選挙 [DVD]
紀伊國屋書店
2007-12-22


それまでにこれ見て選挙について勉強しとくかな。
あとこれと。

選挙2 [DVD]
紀伊國屋書店
2015-01-31



↑このページのトップヘ