りうりうさん日乗

ほとんどフマジメときどきマジメ。 漫画やら映画やらスポーツやらをつらつらと。

カテゴリ:スポーツ > サッカー

愛媛FC、24年度、25年度の2年に渡って粉飾決算でした。
会見の模様はこちらに詳しいですが、

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/jleague/2014/columndtl/201501160002-spnavi

いや、これはちょっとやばいかも。3期連続の赤字は回避されると言ってる場合か。

会見に出席した大河正明常務理事兼コンプライアンスオフィサーは、
「我々が見てもこの決算はちょっとおかしかった。
中にいる人であれば、普通はすぐに分かるくらいのレベル」と、
愛媛側の内部体制に問題があったことを挙げた。
26年度の決算に問題がなければクラブライセンスの剥奪はないものの、
ライセンスの交付規則やJリーグ規約には
「書類に虚偽の記載をしてはならない」という記載があるため、
何らかの制裁は課される見込みだ。

とあるけど、会見の内容を見ると、経理は担当者におまかせ、
赤字になるとやばいからぎりぎり黒字と経営陣に報告、
つじつま合わせるために担当者がやってしまった、
ということみたいですが、3000万未収金があったら
中の人は気づくだろ、と思わずにはいられません。
横領でなくいろんなプレッシャーから経理担当者がやってしまった、
っていうのはありえなくはないですが。

で、9月に気づいて12月にリーグに報告して、っていうのもなんだかなぁ・・・
まあ公認会計士なり監査法人が見てるんで、
そこも気になるところ。社長に確認くらいはしてそうなものですし・・・

しかし本当にやばいのは、スポンサー関係。
正直地方クラブのスポンサーはいろんなしがらみでスポンサードしてるところも
多いので、辞めたがってるところがあるのも実情。
粉飾決算してた会社をスポンサードする銀行ってのも・・・

それに愛媛で気になるのはFC今治の存在。
岡田武史氏がオーナーに就任し、10年後にJ1を目指してるクラブ。

http://www.footballchannel.jp/2014/11/09/post55011/

もう今治FCでいいんじゃ、なんて意見が出てもおかしくないし、
愛媛のサッカー界一丸となって、となるのかどうか。
今治FCのスタッフにはいわゆる社会企業家になるような若く優秀な人が
集まりつつあるとも聞きますし(東大やら出てコンサルの後にNPOだったり
農業だったりするような人ね)。

しかし愛媛、お金が無い必死さも世間に訴えぬまま粉飾でした、というのは・・・
鳥取、福岡のがんばりを見てる故に同情できない部分もありますが・・・

で、開幕戦の四国ダービーはどういう雰囲気になるのか。
愛媛にエールを送る、なんてことになるのかなぁ。
サポーターにはエールを送りたい気持ちはあるんだけれど。
とりあえずリーグの報告を待つしかないか・・・

監査法人 DVD-BOX
塚本高史
アミューズソフトエンタテインメント
2008-11-28



このドラマ見る限り社長が知らないなんてありえないんだけどなぁ。

愛媛FC、不適切な会計処理とかで明日JFAハウスで会見だとかなんとか。

Jリーグの大河正明常務理事兼コンプライアンスオフィサーが
「クラブ経営状況に関する」記者会見開催

とのことですが、漂う嫌な予感。
単なる会計上のミス、というよりは非常に意図的なものを
想像してしまうわけで。

担当記者さんは、

ついに鉄槌が下される時が来た…。

なんてつぶやいているし。

人はなかなか鉄槌なんて下さないわけで。
ていうか鉄槌を下されるのは悪の側だし。
ということは愛媛は悪、ということになるわけですが。

クラブライセンスにともなって不正経理、粉飾決算なんてことになると
そもそもライセンス自体が危なくなってくるわけですが、
果たしてどういう結末が待ってることやら。

こんな状態で開幕迎えられるのか、四国ダービー、どうなることやら。
そしてセンター試験を控える愛媛FCサポーターの心中やいかに。

Jリーグは今「改革できる自分」、に酔ってる気がするし、
決断することが正しいんだ、となんか決断しそうな気がするだけに、
気が気ではありません。
まあ明日になればすべてわかること。
会見を注視したいと思います。


ところで鉄槌と言えばこれ。
漫画家いしかわじゅんの裁判記録。

降りしきる雪、迫りくる闇―。厳寒の山中でスキーバスに取り残された著者は、
バス会社から何の謝罪も受けぬばかりか、逆に訴えられるはめに…。
裁判そのものの不可思議さを徹底的に綴ったバトル・ノンフィクション!

なわけですが、別に今回の件になんの役にも立ちません(気晴らしにはなるかも)。

鉄槌! (角川文庫)
いしかわ じゅん
角川書店
2003-10


・ダービーは開幕戦やゴールデンウィーク、最終戦に組まれないようにする

Jリーグの劇的な展開を生むスケジュールを組んでいることで有名な日程君。
その日程君には、以下のような設定がなされているという。

・リーグ戦においてホームも、アウェーも3回連続して行なわない
・開幕戦をホームで戦ったチームは、最終節はアウェーで行なう
・開幕から5節までのうちに必ず2試合以上、ホームゲームを行なう
・平日のホームゲーム数を均等にする
・ダービーは開幕戦やゴールデンウィーク、最終戦に組まれないようにする

http://number.bunshun.jp/articles/-/783543?page=2

ナンバーウェブの記事にもあるのだが、2015シーズン開幕戦は、

J1 仙台対山形(みちのくダービー)
J2 徳島対愛媛(四国ダービー)

で決定。昇格した山形と、降格した徳島がダービーをあてられている。

それぞれのサポーターの感想を見て回ったけど、
何もしなくても客の入る開幕戦はダービーを避けて欲しかったとの声多数。
開幕戦はいろんな高揚感もあるしもう少し温まってからのようが
いい雰囲気もつくれる、との声もあった。

おそらく昼間のゲームになるだろうから、
地上波での放映が決定してる、そのためにはとにかく客が多いほうがいい、
とかならまだ理解できるんだけど、そのあたりどうなのか。
ただ開幕戦の客数を総数を増やしたい、とかならまたサポーター無視、とかって
揶揄されると思うんだけど・・・

四国ダービー、かつてはダービーを盛り上げるため
リーグからお金が出てたらしく、いろいろイベントをやってたけど、
それも縮小だか無くなったかで、最近は客数も普段の試合に毛が生えた程度。

なのでダービーに客が入るのは素晴らしいなと素直に歓迎して、
応援頑張らなきゃなと思う次第です。

実直。
サンフレッチェ広島監督森保さんの印象ったらそんな感じ。
真面目っていうか。

レッズに選手を引き抜かれても、それだけうちの選手が評価されてる証拠、
とコメントする男。
0円移籍でクラブにお金が入らないのは困りますけどね、と皮肉も言う男。

そんな森保さんが本を出した。
タイトルは「プロサッカー監督の仕事 非カリスマ型マネジメントの極意」。



本書の中にも、試合終了後は戦術的な話は分析されるので語らない、
と述べられているが、それはそのまんまこの本にも当てはまる。
あの場面で自分はどう声をかけたか、コーチとはどう接しているか、など、
どうやって人を成長させるか、組織をうまく作るか、
いかにそのための働きかけをしているか、
ということの記述に力を注いでいるのである。

新・人間力、とでも呼びたいくらいだ。

他サポとしては、あの試合の後、と言われてもピンとこないので、
そういうことがあったのね、と思う程度。サンフレッチェを追いかけてる人なら
膝を打つのかもしれないので、必読の書に間違いないのだけれど。

ただ最初に語られるエピソード、森崎浩司に、

「シュートを打つとき後ろから追いかけられたどう思う?」

と問う場面。森崎は「プレッシャーがかかって嫌だ」と答え、
だから抜かれてもくらいついて、FWに気配を、足音を聞かせて
少しでもプレッシャーをかけろ。それが相手のミスにつながるかもしれない。
だからそれを徹底しよう、というところには、森保さんの哲学が出てるのかもしれない。

ハードワークとか泥臭く、とかいうけれど、苦しい場面で最後の一歩が出ないことがよくある。
抜かれて一瞬時が止まったようなシーンを見たことだってあるけど、
そこでがんばれるか、ってのが大事なんだってことをあらためて教えてくれる本書。
サポーターとしては、その最後の一歩を踏み出させるのは自分たちの声なんだ、
と言いたいところだけれど、やっぱり選手の皆さんには頑張ってもらいたいですね。
森保さんに言わせるとそれがプロ、ということらしいので。

しかし本を書いても戦術を明かさない森保さんこそが、真の策士なのかもしれないですね。

※なお、著者印税は広島豪雨災害の義援金に使われるそうです。

単身赴任となる私には、新幹線の駅や空港へのアクセスがいい
岡山の環境も大きな決め手の一つでした。
(岩政大樹オフィシャルブログ「No Pain No Gain」より」

元日本代表、鹿島アントラーズで長く活躍した岩政大樹選手が、
タイのクラブからファジアーノ岡山に移籍。
鹿島退団時には徳島もオファーを出したといわれましたが、
指導者になった時などを考え海外のクラブでキャリアを積んだ方が
いいとかなんとかでタイに行かれたと思います。

そして徳島は降格。は置いておくにしても、国内復帰は大都会岡山に。
そしてその理由の一つにあげられるのがこちら。

新幹線が停まる。

まあ国内復帰理由が家族のためとも伝えられてので、
わからないでもないですが、これはもう四国新幹線を早く整備してもらわないと、
と思わずにはいられません。

がんばれアベノミクス!

実際コンサドーレは札幌は都会だけれど選手はなかなか来てくれない、
そのため自前で育てる、ということをかつて言ってましたし、
生活環境ってのは大事なのはわかるんですが。

で、10年ほど前徳島はJ2に参入した際、キングカズに声をかけた、という
今では真偽がわからない話がありました。
まあメインスポンサーで別予算承認の稟議書が降りた、という話なんで
あながちウソとも思いませんが、その時に出た話として、

キングカズは新幹線が停まらない街にはこない

というものでした。
奥さんの仕事の関係とのことでしたが。
金額の提示までにはいたらなかったとのことで、
もしあの時新幹線があれば・・・

さて来シーズンは魔境とも言われるJ2。
果たしてどうなることやら。


↑このページのトップヘ