りうりうさん日乗

ほとんどフマジメときどきマジメ。 漫画やら映画やらスポーツやらをつらつらと。

カテゴリ:スポーツ > サッカー

サッカー漫画は結構フォローしてたつもりだったが、
これはコミックスになるまで気づかなかった。

だいたい連載がWEBだし。
タイトルも「カルチョな執事」。

ポペイロが主役の漫画なのだが、どうもこのタイトルではわかりにくい。
「黒執事」とかいう漫画もあったし。

執事ものかと思ってしまうのではないか。

絵を見ても、



こんな感じで、確かにボールは持ってるんだけど、
本屋で見てもスルーしてしまうのが37才男子の正しい姿ではあるまいか。

しかしそこはWEB連載。
試し読みして結構読めるので購入してしまう37才。

立ち止まるとこれでいいのかと思ってしまうが、ここは気づかないことにしよう。

で、内容はと言えば、「準備のプロ」がその仕事ぶりで選手に「気づき」を与える、
という話だけれど、しかし、裏方が主役なんて渋い。

それだけサッカーが浸透してきたってことか。

裏方を描いた漫画といえば、能田達規氏の



とか、



が有名だ。どちらかもJリーグのサポなら押さえておきたいところ。

特に能田氏の漫画は、1巻が、ドクター、実況アナ、審判、通訳にクラブ広報など。
2巻が、料理人、代理人(エージェント)、サッカーライター、クラブ営業マン、
フィジカルコーチ、サポーター、なでしこ、第3ゴールキーパーなどと、
ポペイロどころではない渋さ。

しかし「カルチョな執事」はもともとWEB連載だし、漫画サンデーも廃刊。

とりあえずJサポがコミックスを買って、連載が続いたりすることを期待したい。
能田氏の裏方漫画は週刊漫画TIMESで「栄光なき11」てのを集中連載してたらしいけど、
単行本にまとまるくらいは連載するんだろうか。

て結局能田さんについて書いてるけど、「カルチョな執事」は
Jリーグのサポーターなら楽しめるはず。
たぶん多くの人が見逃してると思うので、とりあえず手に取ってもらいたいなぁ。

「フロンターレのスタッフは縦横無尽につながっている。
 一つの企画が立ち上がれば、上は社長から下はアルバイトスタッフ、
 横を見ればチーム強化の部長でさえ企画実現に動き、アドバイスを
 送ってくれる (P28)」


計算ドリルを作ったり、一緒にお風呂に入ったり。
斬新な企画を次々生み出すことで知られる川崎フロンターレのキーマンによる
2011年6月に発売された本書。

他のクラブのサポから見るとただただすごい、うらやましいなと羨望のまなざしを
送るだけなのであるが、結局は冒頭にあげたスタッフのチーム力につきる。

もちろんそれを引き出す人物の存在、というのが大きいのだろうけど。

タイトルにもなった算数ドリル。最初に教育委員会にアプローチした時は、
当然のごとく難色を示されたらしい。営利企業の宣伝になる、と。

私も聞いたところでは、徳島も当初は学校でのチラシ配布やポスター張りも
同様の理由で難しかったらしい。
(今は無料招待のチラシなんかも配ってくれてるようだが)。

ただ川崎ではさらに進んで、
ドリルは副教材、副教材は学校判断ということでまずはモデル校で実現し、
そのうえ川崎市の予算を勝ち取って配布することに成功している。
(2014年はクラブが予算化してる模様)

本書冒頭に書かれるドリルのエピソードだけれど、
企画が生まれても実現には困難が多い。
簡単にはいかない。

そこで終わるか実現するかは、人にかかっているのだ。
スタッフもそうだし、協力してくれる相手もそうだ。
ドリルについては、校長先生が協力してくれた。

では、僕の応援するクラブが何かをしようとした時に、
どれだけの人が協力してくれるだろうか。
考えると、なんだかちょっと不安になる。

正しい方向にがんばっていれば、見てくれている人はいると思うけど。
果たして正しい方向に向かっているのだろうか。

単純にマンパワーの不足なのか、ちょっと・・・な場面も見受けられる。
まあそれも含めてクラブの力。
サポーターがたくさんお金を落とせばスタッフの数も増えて質もあがって、
いい企画も実現していくはず、である(と思いたい)。

とりあえず、他所のこと言っても仕方ない。
自分のクラブでも実現できるよう、がんばっていきたい。
とりあえず余分にグッズでも買うところから始めてみようか。



「GMをするならば、教会で働いていると思いなさい」

「ファンはサッカー関係者を嫌っていることを理解しなさい。
 最後にはファンと結婚しなさい」

甲府のGM佐久間氏が胸にとどめている言葉らしい。
(イギリスのGM講座で出会った言葉とのこと)

サポーターはすぐに、

「社長辞めろ」

とか、

「社長辞めろ」

とか、

「社長辞めろ」

とか言っちゃうし、おまけに、

「強化部は責任とれ」

とか、

「強化部を選んだ社長は責任をとれ」

とか、

「社長は責任取って辞めろ」

とかも言っちゃうんだけど、強化部の方ではこんなことを考えてくれているのである。
(少なくとも佐久間氏は)

これってキリスト教の「罪を犯した人を何度でも赦しなさい」ってことなんだろうけど、
サポーターの「不祥事」について処分を連発するフロントは、
少なくとも教会には勤めてないってことらしい。
裁判所にでも勤めているんだろうか。

2013年6月発売の「Jクラブ強化論」を読み返して、そんなことを感じたけれど、
日本で強化部やGMの話になると必ず出てくる名古屋の久米さんに、
レッズ、FC東京、ガンバ、甲府、水戸の強化部、それに元柏の小見さん、
代理人の稲川さんのインタビューで構成された本書は、
教会で勤めているかは別にして、彼らは彼らなりの相当な情熱、
信念をもって仕事をやり抜いてるってことを改めて感じさせるものとなっている。

そういう意味ではサポーターは読んでおいて損はないかな、と思う。

Jクラブ強化論
田中直希
ぱる出版
2013-06-05



また名古屋の久米さんは、

人を束ねる (幻冬舎新書)
久米 一正
幻冬舎
2012-03-30


という単著も出している。スポンサーから金を引っ張るための
資料作りの大切さ、なんかが書かれているので、
こちらも興味がある人は一読の価値あり。

名古屋の久米さんは2014シーズンは金も無くなったので
若手の活躍に期待するといってたけど、結局失速し
中断期に補強をした。名GMでもうまくいかないこともある。
(そして徳島も若い力にかけて降格しました・・・・・・)

しかし、この手のインタビューで徳島の話って聞いたことがない。
柿谷選手の絡みで結構取り上げられたことはあっても、
(島流しとまで言われたし)
それ以外で出てくることはないので、降格を機にどこかのメディアが
とりあげてくれないだろうか。
同じように情熱をもって仕事をしてるはずなんですが・・・。

覚悟していた。

覚悟していた、とはいえ実際決まるとなかなかしんどい。

昇格1年でのJ2降格・・・

やはりというかなんというか、プレーオフの是非なんかも
報道されたりしている。
4年連続昇格1年目での降格、とかも。

けど、現在2014シーズン37節終了時点で6位山形が勝ち点55。
残り5試合、10位京都が勝ち点51だからこのあたりまでは
十分可能性はあるし、13位アビスパでも勝ち点48なので
連勝すれば希望はある。

実際、経営の苦しいところも多いJ2では、プレーオフの制度はありがたい。
3位以内で昇格だと正直シーズン半ばでノーチャンスのクラブも多いけど、
6位以内だと俄然可能性が出てくる。
2013シーズンの徳島もシーズン前半は苦しんだので、
プレーオフがなければ後半は消化試合とは言わないまでも、
まったりとしたシーズンを送っていただろう(それもまたいいんだけど)。

まあ散々言われてる徳島だけど、2013シーズンはガンバと神戸が昇格。
3位京都、4位徳島、5位千葉、6位長崎で、
徳島は千葉と京都を降して昇格している。

J1規模の予算が組めそうな京都、千葉と直接プレーオフで対戦しての昇格なので、
そこまで言われる筋合いはないぞ、と思ってしまう、
けれど、結果が結果なので言われても仕方ない、とほほ。

今シーズンは早々に湘南が昇格を決めた。
湘南は昇格してもそんなに予算規模が増えないと言われている。
だから、今のスタイルがどこまで通用するかが一つの見どころ。
ただ、選手が移籍するかもしれないし、そのあたりも含め
チームマネジメントが試される。

残り2クラブ、どこが昇格するかわからないけど、
J1並の予算が組めそうなのは磐田、千葉、京都くらい。
果たしてそこに滑り込めるのかどうか(今のままだと松本が来そうだし)。
でないとまた同じ議論が繰り返される可能性が高い。

個人的には、J2にJ1並の予算を組めるところが3つか4つあって、
そこから二つと、1つくらい予算の少ないところが昇格して、
予算の少ないクラブがJ1を経験して、もがいて、
クラブの地力をつけていく、というのは全体としては悪くないと思っているんだけど。

で、降格決定後ってどうすごしたらいいのか。

とりあえず、だめ映画と名高い実写版「ガッチャマン」をDVDで見た。



世間から批判されてるものを見てなんだか安心したい心理からだろうか。

確かにどこかで見たことのあるような映像も多いし、
とにかく恋愛ばっかりしてるし、批判されるのも仕方ないが、
パクッテる分アクションもそれなりに見られるし、
そんなに批判しなくてもいいんじゃないかと思う。
少なくともいつも引き合いに出される「デビルマン」と比べるのは失礼だろう。

デビルマン [DVD]
特撮(映像)
東映
2005-04-21


などとしばらく現実逃避をしてすごしたのだが、さすがにこれではいけないので、
(気持ちを盛り上げるために「シャカリキ」を読んだりした)
昇格の時の自分のブログを読んだりしてみた。

リーグ最終戦のアウェイ長崎戦プレーオフ初戦のホーム千葉戦、

決勝前日。そしてプレーオフ決勝、国立での京都戦

読んでみてあらためて思うのは、
開幕から一度も最下位から浮上できずに降格が決まった今でも、

昇格してよかった

と胸を張って言えるってことだ。

昇格は素晴らしい、とも。

残りの試合もしっかり応援して、選手、フロント、サポーター、すべてがJ1仕様で、
もう一度帰ってこなきゃと思う。
これは、昇格しなきゃ味わえない気持ちだ。

でもそれには総括も必要だけれど。
選手もどれだけ動くだろうか。
果たして監督はどうなるのかなぁ・・・

職業サッカークラブ社長
野々村芳和
ベースボール・マガジン社
2013-04-11




確か札幌のサポーターだったと思うけど、

「サポーターが営業マンになってくれたらクラブはもっと成長できるとかいう。
 でも、営業するには商品をよく知らなきゃ売れるものも売れない。
 クラブはもっとサポーターに情報を出してほしい」

てなことを言っていた。実際こういうことをクラブは言ったりする。

サポーターが一人づつ知り合いを連れて来てくれればスタジアムは
今の倍のお客さんが来てくれる

とかなんとか。そんなことは言われなくてもわかっているし、
熱心な人は周りに声もかけ、時には身銭を切り人を集めているわけだが、
それでも今の現状なわけである(徳島の話です)。

2013年、コンサドーレ札幌は、解説などでサッカーファンにはおなじみの
野々村芳和氏が社長に就任。
その4月に本書「職業サッカークラブ社長」を出した。
帯にはこうある。

「SAPPORO宣言2013」

今は2014年。社長の報告会とかもあるみたいだけど、とりあえず2014版は
出版されていない。総括的な意味で毎年出せばおもしろいんだけど。

カバー裏には、

「一人一人のサポーターの力は無限大。
 サポーターは夢を実現する大切な仲間。
 同じ夢を共有する人たちと一緒に夢をかなえたい」

とあって、ビジョンが無いといわれる中、ビジョンもありそうだし、
実際レコンビンも獲ったし、小野伸二まで加入した。
それでも、冒頭のようなことをサポーターに言われてしまうのである。
サッカー界、なかなか大変だ。
勝ってればOKなところもあるし。

内容はと言えば、冬のゲームの問題から日本ハムファイターズの関係。ユースについて。
雑駁ながら現状の分析と、自身の半自伝的な要素で構成されている本書。
札幌ファンには必読。他サポにとっては、やはりやってみてどうだったか、
というのが聞きたいところ。

解説者的な意見は十分うまく言えることはわかっているので、
実務的な話を希望したい。
現時点でプレーオフの可能性は十分あるので、昇格でもしたら
続刊の可能性もあるのでしょうか。

↑このページのトップヘ