りうりうさん日乗

ほとんどフマジメときどきマジメ。 漫画やら映画やらスポーツやらをつらつらと。

カテゴリ:スポーツ > サッカー

中村 慎太郎
ころから
2014-06-11



書評欄を作ったものの増えていかないからってわけではないが、
以前アマゾンレビューに載せたものを再掲。

ブログから単著まで出して業界では知らない人はいないところまで
いった感のある著者だけど、ブラジルW杯観戦以降本人ツイートでは、

お金がない

ってのが結構あって、日銭がない(けど後からでっかく入ってくるよ)って
ことなのか、それとも単なるネタなのかわからないけど、
ある有名な作家が、ライターの原稿料の未払いが問題になってきてるとか
ついに印税10%が崩れてきた、とか書いてたので、
他人ごとながら心配してしまう。

(どうも本当に大変そうです)

で、以下が以前のせたもの。




サポーターズライフへようこそ

二日で10万アクセス。本書のきっかけになったブログは
Jリーグ界隈を瞬く間に駆け巡り、四国の片隅でゆるゆるとサポーターライフを
送る僕のもとにもその噂は届いた。
そして僕もまた、多くのサポーターと同様、中村さんの出現に快哉したのだった。

Jリーグができて20年。書店にはサッカー関連の本がたくさん並ぶようになった。
選手の写真集に戦術本、批評誌もあれば果ては食育の本まで。
けれど、「サポーターになる本」なんてのはたぶんなかった。
そして僕たちは、そんな本を求めていたのだ。

スポーツ好きで日本代表や海外サッカーは見るけど、
なんとなくJリーグに足が向かわない男性。
どうにかしてスタジアムを満員にしたいと思っているサポーターは、
そんな中村さんみたいな人に声をかけ、幾度も袖にされてきた。

曰く、

「海外サッカーに比べレベルが・・・」
「有名な選手がいない」

そう言われる度、

「海外サッカーって別にテレビで見るだけだろ。生観戦と比べるなよ!怒怒怒」

なんてことはおくびにも出さず、

「まあそんなこと言わずに来てみてよ、屋台もあるし。ビアガーデン感覚でさ」

などと懐柔を試み、なかなか成果を上げられずにいたのだった。

けれども中村さんは、あれよあれよと観戦にはまり、鹿島、国立、日立台と
サッカー観戦を続ける。
時に涙し、フットボールライフを歩んでいく。
スタグルを堪能し、チャントを歌う。
なんて理想的な展開!いいお客さんなんだ!!!

サポーターが喜んだのは、自分たちが愛するフットボールの世界が
ほめられたのもさることながら、
中村さんを引き込んだのがスタジアムの雰囲気だと感じられたからだろう。
スタジアムの雰囲気は、サポーターがつくるといっても過言ではない。
我々サポーター諸氏が、中村さんをこちらの世界にいざなったのである、たぶん。
そして僕たちは、まだ見ぬナカムラさんに出会うため、たくさんの人に声をかけるのだ。
「万国のナカムラさん、スタジアムへ集結せよ」と。

本書は、中村さんがJリーグに出会い、サポーターになる物語であると同時に、
「夢を追う」生き方を求め文筆業へと転じた中村さんが、作家になる物語でもある。
ブログから本の出版までをリアルタイムで見届けられる時代性に感謝しつつ、
中村さんの出現に心から拍手を送りたい。


引用終わり。

徳島のサポーター的には思い入れのあるプレーオフがあっさりしてたり
いろいろ思うところもあるでしょうが、読んで損なしかと思います。

ところで「万国のナカムラさん、スタジアムで集結せよ」は、
もちろん「万国のスズキさん団結せよ」からきているのですが、
わかりにくかったでしょうか。
(その元はもちろん「万国の労働者よ、団結せよ」なわけですが)

ご感想あれば是非。



引かないクジはあたらない。

Jリーグの試合観戦をクジに例えた中村慎太郎さんのブログを読んだとき、
僕の頭の中にはRCサクセションの、

「宝くじは買わない」

が流れてきて、つくづく嫌な性格だなと思った。

だいたい中村さんは宝くじとは言ってないし。

クジ=宝くじ、となったのは僕が徳島サポーターだからだろうか。

2006年から3年連続最下位。

今年J1に昇格したものの、前半戦は連敗街道。
中断後は少し持ち直したものの依然最下位で、
徳島サポーターはあたらないクジを買い続けてるのかもしれない。

でも、昨年徳島はプレーオフを制して昇格を決めた。

徳島サポーターは、宝くじをあてた。


第22節 徳島ヴォルティス対サンフレッチェ広島   

前節新潟を破り勢いに乗る徳島は、ホームに広島を迎えた。
不思議と悲壮感はなく、なんとなくやれるんじゃないかという気がしていた。
それはたぶん僕だけじゃなかったはずだ。

広島は調子を落としている。
その日は徳島市民デー。市長があいさつで、

「予感がする」

と言ったけど、フラグだ!と気にするわけでもなかった。

でも、広島から来てくれた多くのサポーターに対して
一言も謝意を示さない徳島市長にはあきれてしまった。
それ言ってこそJリーグの良さじゃないだろうか。

(↓たくさん来てくれた広島のみなさん↓)

DSC_0464


キックオフ

やるしかない徳島は、序盤から積極的に仕掛けていく。
前からのプレス。
アドリアーノのオープニングシュート。
エステバンは守備に奔走する。

悪くない。

中断期間に徳島は3選手を獲得した。
村松、アドリアーノ、エステバン。

3人が入って安定したし、ボールも持てるようになった。
だったらなぜ最初から獲得しなかったのか。
しょうがないとはわかっていても、
思わずにはいられない。

若さにかける、とは何だったのだろう。
要はお金がなかったのだ。
(金があったけど来てくれなかった、のかもしれないが)

金が無いのはつらい。

愛はお金で買えないが、お金がないと愛がすり減る

と言ったのは誰だっただろうか。

それでも徳島は、甲府に言わせれば桁が違うという中断期の補強で
息を吹き返した。
(ありがとうスポンサー様)
けれど、広島とはまだまだ差があった。
セットプレイまではいけても、シュートまで持ち込めない。

怖さがない。

失点

対して広島がボールを持つと怖さがあった。
18番にやられてるなと思い確認すると柏好文。

甲府にいてオファー殺到した彼だ。
移籍当時、甲府の柏が広島に、と話題になったのを思い出した。
別に名前で話題になっただけではなかった(当たり前だ)。

そして柴崎晃誠。徳島を昇格に導き広島へと移籍した彼は、
落ち着いたプレーでボールを散らしていた。

前半32分。徳島のハンド。PKを与える。

広島選手のあげた足をかばったかに見えたが、
その後蹴られたわけでもなく、不運ではあったが仕方ない。

代表に選ばれた皆川に落ち着いて決められ先制。
何でも志願して蹴ったらしい。
なんなく決められてしまった。

前半終了、メインスタンドからは「まだまだこれから」、
という感じの声がかかっていた。

確かに守備はがんばっていたし、まだ1点差。
なんでもいいからとにかく点が欲しい。

後半

しかし、後半は失速したのか、広島が立て直したのか
徳島はなかなかうまくいかない。

広島が引いていたのもあったのだろう。
前と後ろの距離が開いている。

一方広島はいざボールを奪うと一気に押し上げてくる。
千葉の持ち上がりも目に付いた。

徳島はボールを持ってもなかなか前に運べず、
次第にスタンドの空気が悪くなっていく。

「負けてるのに後ろでボール回すなよ!」

出しどころを探して後ろでパス回しをする徳島。
苦し紛れに中にいれても跳ね返されてしまう。

広島陣内深くでのスローイン。
アドリアーノが他の選手を手招きし、前からのプレスを促した。

この時僕は胸が熱くなった。

最後まであきらめるな。

口で言うのは簡単だ。
気軽に言ってしまう自分を恥じた。

疲れが見えた徳島は選手交代。
フレッシュな選手が違いを見せつけたかったが、
そこまでには至らなかった。

昇格を決めるゴールを沈めた津田は今季いまだ無得点。

裏を狙い、サイドネットのシュートもあったが、
得点には至らなかった。

試合終了

結局徳島は1点も奪えずに敗戦。
これがシーズン序盤ならどうってことないが、
残り試合を考えるとそうもいっていられない。

大宮は監督交代。セレッソも監督交代が噂される。

徳島は、たぶんそういう問題ではない。
選手がとれないなら、錬度を上げていくしかない。

それに、気持ちを見せたアドリアーノを信じたい。


この試合、クジでいえば外れだろうか?
当たりとは言わないまでも、そんなに外れではないかもしれない。

僕は、サポーターであることを「投資」のようなものだと思っている。

時間や金や感情をつぎ込んで、配当をもらう。
つぎ込む量が多ければ、それだけ配当も多い。

無配当の時もある。
というか、その方が多いかもしれない。

こんなに突っ込んだのにこれだけかよ!と嘆きたくもなる。
頭を抱える。髪を振り乱す。

でも、この投資は必ず返ってくる。
これは博打ではない。

徳島は、昇格で返してくれた。
配当をもらうにはある程度つぎ込まなければならないが、
それは日常生活では得ることのできない類のものだ。

そもそも大の大人が泣くなんて、そうそうないことではありませんか。
(映画ドラえもんで泣いたんだけど)

マンモス西「おっちゃん、あかんあかん」
丹下団平「黙っとれ、西」

名作「明日のジョー」の一場面。
中学生だった僕らは、たわいもないチャレンジの時、
(たとえばコーラの一気飲みとか)
このセリフを言っては盛り上がっていたのだった。
(我ながらしょうもないな)

でも、明らかにやりすぎな時、笑えないときは
なんて言ってたんだろうか。

「それは無いわぁ」

とか、

「それあかんやつやで」

とか言ってた気がする、急に冷めた感じで。

で、何の話かというと、Jリーグでふたたび起きた差別事件である。

マリノスサポがレナト選手に向かってバナナを振って揶揄。
これはやばい。あかんやつである。
だいたい日本人には黒人を揶揄する、という感覚はあまりないので、
海外の真似だろう。

「俺、ここまで危険なことできるんぜ」

と一人の若者が暴走した結果、振り返れば誰も称賛してないどころか
ドン引きで、

「何してくれてるんだよ」

とまわりが切れてる、というのが今の状態といったところだろうか。

昔数学者のピーターフランクルが、

「ユダヤ人にとって日本ほど住みやすい国はない。
 日本にユダヤ人差別はない。興味がない、知らないというのが
 原因だと思うけど」

とか言っていたが、今回の事件も無知故に起こってしまった。
熱いサポーターなら、海外での問題の大きさを
知らないわけではな無いだろうに。
ただただ残念である。

しかし、ここぞとばかりにマスコミに大きな記事が出、果ては
海外の新聞に載りました、という記事を重ねて紹介したりしてる。
Jリーグにとっては大きな痛手。

クラブ側としては防ぎようがない、ある意味テロのようなものだけど、
どっかで個人に対して損害賠償請求して、
差別案件はやばいってのをはっきり示さないと、
また起こってしまいそうな気がする。
入場禁止とか、それとは別の次元の対応を望みたい。

で、Jリーグ側が試合開始前に啓発VTRを流すとかもしそうだけど
(すでにしてるかもしれないけれど)
それには是非前園さんを起用して、

「差別、カッコ悪い」

とやってもらいたいなぁ。

↑このページのトップヘ