りうりうさん日乗

ほとんどフマジメときどきマジメ。 漫画やら映画やらスポーツやらをつらつらと。

カテゴリ:文化 > その他

騒動の岡田斗司夫さん、町山智浩氏に対談を断られたと喧伝するも
本人に否定され勘違いだったと謝罪(スタッフにそう聞いた云々)、
吉田豪氏と対談してもいいと話すもどうもやる気なさそう。
さらに高須クリニックの高須院長に金を無心、院長激怒とか、
相変わらずネタがつきず。

しかし町山さんとか吉田さんとか出てくるあたり、
サブカル方面に色気があるんだろうか。
もうとにかくスターウォーズの話をひたすらするとか、

頭がおかしいし人間性は最低だけどSFに詳しい人

で立て直していくしかないと思うんだけど、
一度文化人になっちゃうとそうも言ってられないんだろうか。

しかしこれだけ話題を振りまいてると、
元々の騒動のことが薄れつつあるような気もするんで、
そういう作戦なのかと思いますが、
被害者界隈の人は忘れるわけないのでまた爆弾が爆発するんだろうと
思います、裁判とか裁判とか裁判とか。

でFacebookにのってる高須院長への謝罪文、
金の無心のことは一切載ってなくて、以前に整形断った話とか
西原女史に「ビッチ」って言った話とかで埋め尽くされてて、
しかも過剰。文章的にはジャンピング土下座くらいの勢いで、
逆に嘘くさいっていうか、そもそも「いい人戦略」とか言ってる人だし
心も無いんだろうなと思ってしまうところが残念。

高須院長も返答してるけど、たぶん「もういいよ、もうかかわりたくないし」
って感じが出ちゃってる気がするなぁ。

岡田さん、以前に、無名なやつを相手にしても相手を有名にするだけで
自分に利は無いから相手にしない、とか言ってたけど、
相変わらずそれを地で言ってる感じで最低。

けどオタク関連の本だしたらまた買っちゃうかなぁとか思ってしまうのが
頭に乗らせてしまうんでしょうか。



このころからオタク関連は書いてないのかなぁ・・・

なんかいろいろ大変そうな岡田斗司夫さん。
ここぞとばかりにいろんなところから叩かれてて、
日頃の人望の無さがうかがい知れます。

小林よしのり氏には、

嘘だらけの奴だから、何一つ信じるわけにはいかない。

とか書かれてるし、
https://www.gosen-dojo.com/?page_id=906

竹熊健太郎氏も、

岡田斗司夫の『オタク学入門』は9割パクリ

なんてつぶやいていて、なかなか文化人としては厳しそうな状況です。
http://matome.naver.jp/odai/2142047767837430801

個人的には、特撮オタクの生態とかを語ってた頃の好きだったんで、
またオタクの世界に帰っていただいたらと思いますけど。

しかし、オタクアミーゴスを組んでた唐沢俊一氏もいろいろあるし、
やっぱりオタクっていうのはいろいろこじらせてる、と思われても
仕方ないのかも・・・

で、今は吉田豪氏がいろいろ追ってるみたいなんでとりあえずそれを追っとけばよし。

http://n-knuckles.com/serialization/yoshida/

でも女遊びはバンギャを食ってるオーケンの影響とか言われると
オーケンもえらいとばっちりですね。

岡田さんは自分のファンに手を出したというより、
業界にあこがれる子をだました業界ゴロみたいな感じになってるんで
ちょっとやばそうですが、何事もなかったように
スターウォーズについて語りだしたりする岡田さんが見たかったりします。

しかし37才男性の期待なんてのは岡田さんは必要ないのかもしれないなぁ。



今だから読みたい岡田さんの人生相談本。





最近雑誌なんかで、万年筆が見直されてる!みたいな記事を見かける。
デジタル時代にあってあらためて、みたいな感じで。

何年か前にも「ペリカーノジュニア」が女子の間で流行!
という話を聞いたが、実際に使ってる人を見たことが無い。


カラフルなんでいろいろと集めたくなる、ような気はするけど、女子たちには。

でもまあパイロットのカクノは実際売れてるらしく、
店頭でもかなり「売れてる」感あり、一押しって感じ。




僕も買おうかと思ったけれど、実際手にとると37才男子にとっては
ちょっと厳しい。

とはいえ37才にもなるので万年筆もそろそろ、と思ったりもしないでもない。
誰もくれないので自分で買うしかないのだけれど。

で、結局ラミーのサファリあたりでとりあえず馴れるっていうのがいいんだろうか?
もしくは最初から1万円以上出していくべきなのか。

誰も身近で使ってる人はいないんで聞く人もいないんだけど、
ほんとに流行ってるんだろうか、万年筆。

でも女子にはペリカーノよりファーバーカステルのこっちのほうがいいと思ったり、



ラミーのABCも捨てがたい、とか思ったりするのであるが、



37才男子の1本目は何にすべきなのか。

でもまあとりあえず1本くらいは買ってもいいかな、もういい年なんだし・・・







徳島県が仕掛けたプロモーション「VS東京」、



結局話題になってるのかなってないのか。
以前に
ブログでも触れたし、
とりあえず見てる人はそれなりにいるみたいだけど。

都知事に会見で聞いたとか、
別の地方紙で取り上げられたとかって話は聞いた。
でも質問すれば都知事だってなんかは答えるだろうし。

そういうのを気にして地元の新聞が記事にしたりするところが
いかにも地方らしい、と思ったりしないでもない。

個人的には佐賀県の
ロマンシング佐賀の方が好き、なんだけど。
いろいろ展開もできそうだし。

探してください佐賀県、も話題になったし。

三重県の中尾ミエを起用したCM、

「どす来い、三重来い、早く来い」

とにかくインパクト勝負、みたいなのは記憶には残る。
残ったからどうだ、ってのはあるけど。

でも佐賀も三重も徳島も東日本の人にしてみれば
場所もいまいちよくわからないってとこもあるんだろうし、
とりあえず知名度を上げるのも意味はあるんだろうか。
(それだったらタイトルに徳島が欲しかったかも)

そんな中、徳島新聞が
4K映像でとらえた徳島ってことで、
またまた美麗な映像を公開してる。

しかし徳島、このまま「田舎」を押し出していくんだろうか。

観光資源としての「田舎」が残ってるよっていうのは
異論はないんだけど、都会の人が好きそうな「田舎」を
押し出してる気もするし、この先どうプロモーションしていくのか
気になるところである。

ちなみにアレックスカープロデュースの古民家の宿泊は2万とかするらしいですが、
結構都会の方が来られてるそうです。
秘境に来る感覚なんだろうかなぁ。

DSC_0500

かつて「美味しんぼ」で山岡史郎に、

「いったい徳島に何があるっていうんだよ?」
「阿波踊りは終わっちゃってるしさ・・・」

と言われた徳島県。

雁屋哲にはお詫びに日本全県味巡りの徳島編を早急にやってほしいものである。

で、そんな徳島県が、「vs東京」というコンセプトを打ち出して、
動画やらポスターやらを制作。
とりあえず賛否両論。話題にはなったからOKとしてるらしいが、
果たして次の一手はどうなるか。



さすがに菱川 勢一氏が手掛けた映像は美しい。

有名クリエイターが手掛けただけはある。
ポスターも、もちろん。

しかし台詞がなぁ・・・ 都会の人向けなんでこれでいいんだろうか。

戦略としてはわかるんだけど。

売り上げ規模で全然かなわないカネボウが資生堂に対して
あえてライバルとしてキャンペーンしていくことで
カネボウ自体の売り上げがあがった、、みたいな。

一応話題にはなってるみたいなんで、これからの展開に期待したいものである。

個人的にはとりあえず台詞なしの音楽だけバージョンをアップして欲しい。
台詞の阿波弁が、「ちょっと違う」と思ってしまうんだよね、出身者としては。

↑このページのトップヘ