りうりうさん日乗

ほとんどフマジメときどきマジメ。 漫画やら映画やらスポーツやらをつらつらと。

カテゴリ:文化 > 教養

「人口減半端ないって」

サッカーファンならずとも、こう言わずにはいられないだろう。
巷で話題の「地方消滅」。
とにかく人口が減って大変だ、という話だ。



合計特殊出生率1.43。単純に男女一組で子供を作ると考えると、

2→1.43

となるので、そりゃあ人口はどんどん減る。
実際に人口を維持するにはそう単純じゃなくて2.07ほど
いるらしいのだが、とにかく日本はこれからどんどん人口が減っていって、
2100年には4959万人まで落ち込むと推計されている。
こりゃやばいよね、というわけだ。

さらに、東京は地方からの人口移動で成り立ってるので、
地方の若者が減ると当然東京の人口も減る、
はっきりいってやばいです、
と警告する本書は大ヒット。
2040年に人口が一万人を切る自治体を「消滅可能性都市」とか言ってるんだけど、
その言葉も独り歩きして、今ちょっとしたブームになっている。
新聞にも人口減少社会に関する識者の提言、なるものが載ってたりとか。

これだけ話題になると、いろんなところから反論も出ている。
現状分析、問題提起はいいのだが、その解決策がダメというやつだ。

実際、地域再生の策として出てくるのがコンパクトシティだの産業誘致、
産業開発といった従来の枠組みを出ておらず、いかにも政策提言、
といった感じ。

例えば婚外子についてはほとんど触れていないが、
別に結婚なんてせずに産みたい人がいれば安心して産めばいい、
国が子供を責任もって育てるようにすべきだ、
なんてことは決して言わない。
北欧の女性政策、子供政策が労働政策であることが有名なので
知らないわけもないのだが、そのあたりはさらりと流す。
年間300万人のオーダーで人口が減少するので移民は無理、
ということは忘れないのに。

というわけで、処方箋にはいささか疑問の本書も、
問題意識を広める、という点では大いに成功し、
その役割を果たしたといえるだろう。

でも、結局は仕事があるかどうか、なんですよね。

地方は住みやすい

これは今さら言わなくてもわかってる。
地方ったって山の中で暮らすわけじゃないんだし。
東京なんて飛行機に乗ったらいけるしね。

果たしてどうなっていくのだろう日本。
婚外子が増えたっていいと思うのだが。
でもその前に結婚しなきゃいけないか・・・・

http://news.livedoor.com/article/detail/9663191/

あの人気犬漫画「銀牙」が北欧で人気。ミュージカル化も!

キャプテン翼がヨーロッパで人気、てのは有名だけど、
あの犬漫画の巨匠高橋よしひろ先生が描く「銀牙」が超人気で、
現地でイベントまで行われているとは。
漫画好きでもなかなかチェックできてなかったんじゃなかろうか。

漫画ゴラクのサイトには2012年のフィンランドのイベントの模様も報告されてるけど、
ロールスロイスで出迎えに来るはパーティーはあるはでさすが巨匠、
犬漫画界の巨匠という感じ。

東北の山々が北欧を思い出させるようで、同じく犬漫画の

犬神(1)
外薗昌也
講談社
2012-11-12


とか、



とかではダメなんでしょうね。

ていうか続編の「銀牙伝説WEED」って60巻もあるのね。
しかもさらにその続編もあるという。



しかしヨーロッパで銀牙人気とは。
犬が人気ならそれに侍に忍者も加えたら超ヒット間違いなしじゃん、と頭をよぎったが、


それって甲冑の戦士雅武じゃん。





てことでまた読んでみたいんだけど、漫画喫茶にはないんだろうなぁ。
こうしてまた漫画が増えていくのであった・・・


なんか炎上してるなぁと思ってたら一瞬のうちに炎上どころか焦土と化して消し炭に。
ネットの世界は早いなぁなんて言ってたところにまさかの首相参戦で
大注目となった「小4なりすまし騒動」。

20歳の大学生が小学4年生になりすまし、衆院解散の是非について
疑問を投げかける政治サイト「どうして解散するんですか?」を作成。
その内容から大人の関与が疑われ、結局NPO法人の代表が
謝罪するに至った件。

内容はまとめサイトにいくつもあるので興味ある人は見て欲しいけど、
しかし、首相が、

「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為だと思います」

なんて言っちゃうほどのことなんだろうか。

実際、子どもの「純粋な」視点で疑問を投げかけるっての手法はよくある。
啓発パンフレットなんかそうだし、
だいたい池上彰の番組とかでもイラストに子供の声で疑問を言わせたり、
なんならモノを知らない(ふりをした)芸能人に質問させる、なんてことをしている。

だからわざわざサイトを作らなくても池上彰に聞いてもらえばと思うのだが、
選挙前だと政治的過ぎてテレビでは無理なのかもしれない。
(個人的には「選挙にいこう」というのも、今のままでいいんですか?というのが
 暗に含まれてるのでどうかと思っている)

だったらネットの世界でやるっていうのはありなんだと思うけど、
なんでこんなに反発がくるのかというと、
この『子供の視点で「本質的な」質問をして大人を驚かす』ってやり方が
利発な子はやりがちで、実際今回やった人がそういうことをしてそうな人だったから、
ではないかと思う。
たぶんそこにはやっかみもあるんだろうし。
慶応の人らしいし。

今回残念なのは「そこちょっとセンシティブだから慎重に」とかいう大人がまわりに
いなかったってことだ。
別に小4になりすまさなくたって、

「これがはじめての選挙になる若者なんだけど教えてください。
 どうして解散するんですか」


で十分だ。まあここまでのインパクトはなかったんだろうけど、
SNSとかで拡散してけばそれなりのネタにはなっただろう。
有名人もそれなりに乗ってたらしいし。

個人的にはそんなに叩くほどのことなのかと思うし、
叩かれた方も逃げないで、小4てところに手書きで×でもつけて、

「小4になりすましてしまう馬鹿にはわかりません。
 どうして解散するんですか?」


とでもやったらたくましさも感じるんだけど、
逃げるだけではどうにも応援できない事件。

でも一番残念なのは、

「なりすましなんかせず堂々と聞け」

と言わなかったところかもしれないなぁ・・・。

最近雑誌なんかで、万年筆が見直されてる!みたいな記事を見かける。
デジタル時代にあってあらためて、みたいな感じで。

何年か前にも「ペリカーノジュニア」が女子の間で流行!
という話を聞いたが、実際に使ってる人を見たことが無い。


カラフルなんでいろいろと集めたくなる、ような気はするけど、女子たちには。

でもまあパイロットのカクノは実際売れてるらしく、
店頭でもかなり「売れてる」感あり、一押しって感じ。




僕も買おうかと思ったけれど、実際手にとると37才男子にとっては
ちょっと厳しい。

とはいえ37才にもなるので万年筆もそろそろ、と思ったりもしないでもない。
誰もくれないので自分で買うしかないのだけれど。

で、結局ラミーのサファリあたりでとりあえず馴れるっていうのがいいんだろうか?
もしくは最初から1万円以上出していくべきなのか。

誰も身近で使ってる人はいないんで聞く人もいないんだけど、
ほんとに流行ってるんだろうか、万年筆。

でも女子にはペリカーノよりファーバーカステルのこっちのほうがいいと思ったり、



ラミーのABCも捨てがたい、とか思ったりするのであるが、



37才男子の1本目は何にすべきなのか。

でもまあとりあえず1本くらいは買ってもいいかな、もういい年なんだし・・・







岡田さん、リバウンドしてる!
本書の衝撃は内容よりもそっちの方かもしれない。
人は見た目とか言ってたのに・・・



で内容ですが・・・

今からおよそ30年前。
1983年に日経ビジネスが集計したデータによれば、
企業の寿命は平均30年だそうだ。

誰もが1度くらいは転職を覚悟する時代になったのが30年前。
それから25年後の2009年。
日経ビジネスが公表した企業の寿命は、

日本は7年。アメリカだと5年。

み、短い。

今の若い人が就活だなんだと血眼になってようやく会社に入っても、
その会社は早々につぶれてしまうかもしれないし、合併してなくなってしまうかもしれない。
そういう時代になったのである。

実際私の友人も、新卒で入った会社に早々に見切りをつけて公務員になったり(結構多い)、
辞めて留学して転職したやつもいる。

会社が楽天に買収されて社内が翻弄されたのを体験したものもいた。
ちなみにそいつの父はマツダに勤めていて、社長がフォードから来た
アメリカ人になった時、会議が英語になって苦しい思いをしたらしい。
二代続けて英語が社内の公用語になるという珍しい親子なわけだ。

もちろん、世の中大企業に勤めている人ばかりじゃないので、
転職は結構普通にある。独立とか引き抜きとか。
そもそも新卒で入った会社を勤め上げる、
というのがレアケースになりつつあるのかもしれない。

そんなことを考えると、就活してる皆が皆名の知れた企業を目指し疲弊する様は、
やっぱりどこかおかしいのかもしれない。

で、岡田さんは提案する。

そもそもお金はそんなに必要なのか?

東京に行くのに飛行機に乗る。
でもお金がないからいけない。
だったら誰かに乗せてもらえばいい。
でも、誰かに乗せてもらうなんてめんどくさい。

お金は、煩わしさを逃れるために使っている。
親と住んだら家賃はいらないのに煩わしいから家を出る。
相乗りしたら安く済むのに面倒だから飛行機に乗る。
煩わしさを避けるためにいつつぶれるかもしれない会社に入るために粉骨砕身、
どんどん人生をすり減らしていく。

もちろん、今の就職戦線なんて気軽に乗り切り、
ビジネスシーンを楽しめる人はそれでいい。
でもそうじゃない人は?

岡田さんは、いろんな仕事しよう、という。
それも50種類。
1万円の仕事が50個あれば月収50万だ。

もちろん、3万の仕事も、無料、持ち出しの仕事もある。
でも、たくさん仕事(お手伝い)をしてれば当たりもあるし、
その先の先で大当たりがあるかもしれない。

なんてったってITの時代。
どこかでビッグチャンスが舞い込むかもしれないし、
今いる会社が倒産の憂き目にあうことも普通にありえることなのだ。

で、そういう時代を生き抜くには「いい人」であることが大事だというが、
そこに乗っていけるかでこの本に共感できるかが決まるのかなって思う。

「いい人」って別に心根の問題ではなく「戦略」だから「演じる」んだけど、
そう言われてできる人とできない人がいるだろうなぁ。

その煩わしさを避けるならお金を稼ぐしかないのであるが、
金を稼ぐにも仕事がない。
難しい時代になったものである。

岡田さんの次回作は「貨幣」、次は「モテる」らしい。

就職が自由化して就活になった後、恋愛も自由化して婚活になったわけで、
これはまさしく「資本主義」の問題、なわけだ。
なので、「貨幣」について考えるのはむしろ当然ともいえる。

就職とか結婚とかを考えるときに、資本主義について考えなきゃいけないなんて、
なんて面倒なんだと思うかもしれないけれど、
僕は案外おもしろいと思っている。

最近マルクスも再評価されてるみたいだし、
久々に読んでみるのはいいんじゃなかろうか、マルクス。

資本論 1 (岩波文庫 白 125-1)
マルクス
岩波書店
1969-01-16




↑このページのトップヘ