りうりうさん日乗

ほとんどフマジメときどきマジメ。 漫画やら映画やらスポーツやらをつらつらと。

カテゴリ:書評 > サッカー関連書評

実直。
サンフレッチェ広島監督森保さんの印象ったらそんな感じ。
真面目っていうか。

レッズに選手を引き抜かれても、それだけうちの選手が評価されてる証拠、
とコメントする男。
0円移籍でクラブにお金が入らないのは困りますけどね、と皮肉も言う男。

そんな森保さんが本を出した。
タイトルは「プロサッカー監督の仕事 非カリスマ型マネジメントの極意」。



本書の中にも、試合終了後は戦術的な話は分析されるので語らない、
と述べられているが、それはそのまんまこの本にも当てはまる。
あの場面で自分はどう声をかけたか、コーチとはどう接しているか、など、
どうやって人を成長させるか、組織をうまく作るか、
いかにそのための働きかけをしているか、
ということの記述に力を注いでいるのである。

新・人間力、とでも呼びたいくらいだ。

他サポとしては、あの試合の後、と言われてもピンとこないので、
そういうことがあったのね、と思う程度。サンフレッチェを追いかけてる人なら
膝を打つのかもしれないので、必読の書に間違いないのだけれど。

ただ最初に語られるエピソード、森崎浩司に、

「シュートを打つとき後ろから追いかけられたどう思う?」

と問う場面。森崎は「プレッシャーがかかって嫌だ」と答え、
だから抜かれてもくらいついて、FWに気配を、足音を聞かせて
少しでもプレッシャーをかけろ。それが相手のミスにつながるかもしれない。
だからそれを徹底しよう、というところには、森保さんの哲学が出てるのかもしれない。

ハードワークとか泥臭く、とかいうけれど、苦しい場面で最後の一歩が出ないことがよくある。
抜かれて一瞬時が止まったようなシーンを見たことだってあるけど、
そこでがんばれるか、ってのが大事なんだってことをあらためて教えてくれる本書。
サポーターとしては、その最後の一歩を踏み出させるのは自分たちの声なんだ、
と言いたいところだけれど、やっぱり選手の皆さんには頑張ってもらいたいですね。
森保さんに言わせるとそれがプロ、ということらしいので。

しかし本を書いても戦術を明かさない森保さんこそが、真の策士なのかもしれないですね。

※なお、著者印税は広島豪雨災害の義援金に使われるそうです。

ヴァンフォーレが残留決定。その立役者とされる城福さんが
就任時に書いた本書。発売されてすぐ読んだはずだが、
今読むと興味深い点も多い。

例えば1章のチーム編成論のチームのフレームづくりについて。

「こうした数値目標(勝ち点〇〇、〇位)や、目標成績(優勝、ACL出場権獲得、
 J1昇格)は、どうしても現場だけの目標になりがちです。
 そこで私は、クラブ全体、さらにはサポーターや地元を巻き込んで、
 一体となって戦う『フレーム作り』を重視しています。」

とし、FC東京では「首都のクラブとしての使命」、甲府では、
「プロヴィンチアの象徴になる」とのフレームを掲げた、とする。

FC東京での効果はわからないけれど、甲府でのそれは強い印象を与えている。
城福さんが監督を自ら辞任した時、甲府のサポーターの中には、

まだやり残したことはないのか?

とか、

掲げた目標のためのサポートが十分でなかったのではないか?

との声もあったが、これを読むと、目標を達成するためにフレームセッティング
したのであって、そこにこだわりがあったのかはよくわからない。
嫌な言い方だけれど。

他にも、監督の就任時期によるチーム作りの違い、
(すでに選手の選考が済んでるだとか)
監督の1週間の過ごし方、などJリーグのサポなら食いつく点が多数ある。

特にオフシーズンを迎えようとしてる今なら、チーム編成についての部分、
そこからのチーム作りのところは楽しめるはず。

後半は采配論、戦術論、システム論を現場の監督視点で語られるので、
そのあたりが好きな人にはたまらないだろう。

本書がベストセラーになったという話は聞かないが、
おそらくJリーグのサポーターの書棚には並んでいるんだろう、たぶん。
甲府のサポは皆持ってるのかなぁ・・・


前節最下位で降格が決定した徳島ヴォルティス。
甘くない。甘くないのである。

そんな徳島の昇格を記念して地元出版社が緊急発売したのがこちら、
「徳島ヴォルティス栄光への軌跡」。

徳島ヴォルティス栄光への軌跡 (緊急出版! 徳島県民の歓喜と苦難、25年の記録。)
監修「徳島ヴォルティス栄光への軌跡」出版委員会
ANIVA BOOKS
2014-04-25


地方の出版社が発売したものであるけれど、今はアマゾンなどで気軽に手に入る。

発売は4月25日。

昇格の興奮冷めやらぬ、時期ではなく、J1の厳しさを思い知らされた時期。

この時期僕の頭の中は、真心ブラザーズの「素晴らしきこの世界」が流れていた。

「ユメを見るより現実を見よう 素晴らしきこの世界」

この前の歌詞は、

「ノードラッグ ノーアルコールで爆発しよう」

ヴォルティスは、結局爆発しなかったが・・・
臥薪嘗胆。初心忘るべからず、というわけで本書を再読してみた。

そこにあるのは例えば中田強化部長の弁。

プロは結果がすべて やるべきことをやる。

結果、強化部長は解任されてしまった。

しかし、一番衝撃的なのは、小松喬一大塚製薬工場会長のインタビューだろう。

曰く、徳島が3年連続最下位に苦しむ時期、
大塚製薬会長からクラブの立て直しを命じられ事務所に行ってみると
そこにはまるで活気がなく、外でコンビニ弁当を食べる選手らしき姿が・・・

これを見て小松さんは大きな衝撃を受けたらしい。
大塚製薬陸上部とあまりに違う、と。

陸上部には栄養士がついて寮もあり、生活も管理されている。
陸上部のトップの選手は快活で、それはまるでスポーツを体現してるよう、
それに比べてヴォルティスは・・・

そこで小松さんは改革を断行する。
大ナタをふるう。

結果的に社長は交代。選手の大幅入れ替え。柿谷もこの時加入した。
トレーナー、管理栄養士をつけ、風呂、サウナを完備。
練習を見学できる観覧設備まで整備された。
ここまで就任してから3か月。

やればできる。
というか金を持ったできる人がくれば変わるのである。

ここから徳島は徐々に順位をあげ、2011シーズンに昇格争い。
2013シーズンについに昇格をなしとげるわけだが、
それもこれもこの時の大改革があったから。

ありがとう小松さん!

翻って今シーズン。昇格は果たしたものの大きな補強もなく、
開幕から全節最下位でシーズンを終えようとしている。

若さで打開すると強化部長は言ったけれど、若さは若さでしかなかった・・・
まあお金がなかったから仕方がない・・・
中断期間に大盤振る舞いはあったけど・・・
どうしたんだ小松さん・・・

この本を読むと、徳島もいろんな思いを持った人に支えられているのがわかるし、
徳島のサポーターは必携。
しかし、思いだけではどうにもならない現実を突きつけられる。

もちろんスポンサーサイドがお金を出したいと思うようなクラブにするためには、
サポーターの力が必要だ。
とりあえず満員のスタジアムを目指して、サポーターも応援するしかないのである。
来季J2だけれど・・・

去年昇格を目指していたとき、ザ・クロマニヨンズの「雷雨決行」をよく聞いた。

引き返すわけにゃいかないぜ
夢がオレたちを見張ってる

J1が夢から現実になって、どういう夢を見るべきだろう。
やっぱACL?
とりあえず僕は、いつも満員のスタジアムを夢見ているのだけれど。

「あと 応援てすごいですね
 ピッチで聞くとものすごく楽しい
 これ 遠くのアウェーまで来てくれるサポーターに
 ほんと選手は感謝してると思うし(P16)」





代表をテレビで見て応援するくらいの女性漫画家が、
ジャイアントキリングが好きだと言い続けてたら
リアルなサッカーの現場へと連れ出され、
サッカー観戦にはまっていくというエッセイ漫画。

自分でのめりこんでいくというより編集部のめちゃぶりで
いろんなところに連れまわされるという意味では、
「鉄子の旅」を思い起こされる。

鉄子の旅 (1) (IKKI COMIX)
菊池 直恵
小学館
2004-11-30



こちらも女性の漫画家さんでしたね。
鉄子の旅はあたったのか、その後別の漫画家さんでも連載された。

新・鉄子の旅 1 (IKKI COMIX)
ほあし かのこ
小学館
2010-02-25



鉄子の旅は鉄道好きのディープな世界をのぞき見するという話だったけれど、
ジャイキリ読んで〇〇してきました、の方も負けてはいない。

初観戦のあとはなんとカメラマン席へ。
しかもコンデジでの撮影・・・

で、ピッチレベルで感じた感想が冒頭にあげたもの。
応援て選手の力になるわー、てやつでした。

それからは母親と地元でファジアーノの応援、
試合後の記者会見に参戦、高校サッカー、なでしこ、
日本代表、残留争い、開幕戦等々。

様々な場所へと出没するのだが、素晴らしいのは視線が温かいということだ。

「Jリーグなんてレベルが」なんて言われがちですが、

テレビと漫画もいいけどスタジアムに行こうよ

と素直に言ってくれる本書はありがたい。

「誰かと何かを共感できるって素晴らしい
 ジャイキリ読んでる人は臨場感ぜひ味わってみてください」


本書はこう締めくくられているけど、ほんとそう。
とりあえずスタジアムへ。
スタジアムでしか味わえない感動がそこにはあります。

サッカー漫画は結構フォローしてたつもりだったが、
これはコミックスになるまで気づかなかった。

だいたい連載がWEBだし。
タイトルも「カルチョな執事」。

ポペイロが主役の漫画なのだが、どうもこのタイトルではわかりにくい。
「黒執事」とかいう漫画もあったし。

執事ものかと思ってしまうのではないか。

絵を見ても、



こんな感じで、確かにボールは持ってるんだけど、
本屋で見てもスルーしてしまうのが37才男子の正しい姿ではあるまいか。

しかしそこはWEB連載。
試し読みして結構読めるので購入してしまう37才。

立ち止まるとこれでいいのかと思ってしまうが、ここは気づかないことにしよう。

で、内容はと言えば、「準備のプロ」がその仕事ぶりで選手に「気づき」を与える、
という話だけれど、しかし、裏方が主役なんて渋い。

それだけサッカーが浸透してきたってことか。

裏方を描いた漫画といえば、能田達規氏の



とか、



が有名だ。どちらかもJリーグのサポなら押さえておきたいところ。

特に能田氏の漫画は、1巻が、ドクター、実況アナ、審判、通訳にクラブ広報など。
2巻が、料理人、代理人(エージェント)、サッカーライター、クラブ営業マン、
フィジカルコーチ、サポーター、なでしこ、第3ゴールキーパーなどと、
ポペイロどころではない渋さ。

しかし「カルチョな執事」はもともとWEB連載だし、漫画サンデーも廃刊。

とりあえずJサポがコミックスを買って、連載が続いたりすることを期待したい。
能田氏の裏方漫画は週刊漫画TIMESで「栄光なき11」てのを集中連載してたらしいけど、
単行本にまとまるくらいは連載するんだろうか。

て結局能田さんについて書いてるけど、「カルチョな執事」は
Jリーグのサポーターなら楽しめるはず。
たぶん多くの人が見逃してると思うので、とりあえず手に取ってもらいたいなぁ。

↑このページのトップヘ